かみたまのブログ

JサポがJリーグの魅力を好きに書くブログ

そうだバスケ、行こう

こんばんは!

千葉ジェッツの日本代表PG富樫勇樹選手と同じ身長167センチ

かみたま(@ngsk_111)です。

 

14歳から身長も体重も変わらないので肉体的に時間が止まっている疑惑があります。

まだ伸びるまだ伸びると思い続けて早10年、まだ諦めてません()

目指せ170センチ!

 

先日渋谷を歩いていたらセンター街の入り口にこんな幕が

f:id:ngsk_111:20180927185120j:plain

(写真が見づらいのはすみません)

東京に本拠地を置くB1の2クラブ

サンロッカーズ渋谷アルバルク東京の幕が!

 

実は渋谷センター街のメインの通りは

数年前から「バスケットボールストリート」という名称になっているのです。

(豆知識)

 

いよいよ10月4日(木)

Bリーグの2018-19シーズンが開幕します。

 

昨シーズン王者アルバルク東京の連覇か

初代王者栃木ブレックスか、

ニック・ファジーカス選手が帰化した川崎ブレイブサンダース

昨シーズン準V、天皇杯は目下2連覇中千葉ジェッツ

昨シーズンのレギュラーシーズン1位シーホース三河

 

個人的にはB1昇格を果たしたライジングゼファーフクオカに注目

 

今からどういうシーズンになるのか非常に楽しみですね!

 

ちなみに僕自身は

名古屋ダイヤモンドドルフィンズをまったり応援しています。

f:id:ngsk_111:20180927191245j:plain

マスコットのディーディーと!

 

f:id:ngsk_111:20180927191405j:plain

先日、瑞穂で再開を果たしました(感動)

 

 

バスケットボールの良いところっていくつかあると思いますが

観戦する上で一番のメリットは

天候に左右されないところですね。

f:id:ngsk_111:20180927191648j:plain

千葉ジェッツホーム:ふなばしアリーナ

当然ですが、バスケットボールは屋内競技であるため

その日の天候が何であろうと気にすることなく楽しめます!

この点ってかなり大きいですよ。

スポーツ観戦をそんなにしたことが無い人からしたら

レインコートを着て雨に打たれながら試合を見る

ってなかなかのハードルですからね。

(全周屋根付きでも風向きによっては降り注ぐとかありますし)

 

※サッカーにないものってだけなので

別にどっちが良いとか悪いとかいう話では無いのでその点留意願います。

 

そして演出が面白いところが多いですね!

f:id:ngsk_111:20180927192557j:plain

ふなばしアリーナ

選手紹介時にコートに選手の写真が投影され

爆音と共に火柱が上がります!

これが中々の迫力!

油断してると本当にびっくりします。

 

f:id:ngsk_111:20180927192743j:plain

川崎ブレイブサンダースホーム:とどろきアリーナ

LEDレーザーによる光の演出!

これも綺麗でテンションがあがります!

 

書いててまたアリーナに行きたくなってきましたね

早く開幕してほしいです!

 

マスコットが好きな人たち

大丈夫です!Bリーグにもマスコットはいます!

 

f:id:ngsk_111:20180927193501j:plain

川崎ブレイブサンダースマスコット:ブレービー

スマホカメラの限界)

 

f:id:ngsk_111:20180927193633j:plain

サンロッカーズ渋谷:サンディ

 

 

f:id:ngsk_111:20180927193717j:plain

千葉ジェッツ:ジャンボくん

(カメラの限界)

f:id:ngsk_111:20180927193808j:plain

この日はこんなお方も!

 

 

京都ハンナリーズ:はんニャリン

(一度でいいから会ってみたい)

 

雨とか関係無く試合が見れる。

マスコットもちゃんといる。

割と群雄割拠。

Bリーグ見に行きたくなりましたね!(決めつけ)

 

「そうは言ってもJリーグと同じ土日だしなぁ」という方

Bリーグ、基本的に土日の2日間で2試合を行います!

なので

土曜日:Jリーグ

日曜日:Bリーグ

で見れますね!

 

あとはクラブによっては同日にハシゴ観戦が楽にできるところもあります。

関東圏だと

「川崎ブレイブサンダーズ」と「川崎フロンターレ

のゲームは十分ハシゴが可能です。

 

というのもそれぞれのホーム

とどろきアリーナ」と「等々力競技場」は同じ敷地内にあります。

バスケの試合が終わってから普通に間に合ってしまいます。

 

実例を挙げると

昨年の9月30日

「B1:川崎 vs 名古屋@とどろきアリーナ 16:05 tip off」

「J1:川崎 vs C大阪@等々力競技場 19:00 kick off」

バスケの試合時間はサッカー同様おおよそ2時間ですので

試合が終わってから隣の等々力競技場に向かえば余裕で間に合います。

 

f:id:ngsk_111:20180927195344j:plain

名古屋の応援にとどろきアリーナ

 

試合が終わってから徒歩でお隣のスタジアムへ

f:id:ngsk_111:20180927195442j:plain

 

f:id:ngsk_111:20180927195519j:plain

この日は川崎が「5-1」でセレッソを下したゲームでしたね。

森谷選手のシュートえぐかったなぁ

 

というハシゴも十分に出来ます!

 

実際、とどろきアリーナフロンターレのタオマフをかけて座席の確保をしている方も複数いらっしゃったのでハシゴ観戦者はそこそこいるはず?(憶測)

 

とは言ってもスタジアムの雰囲気を楽しみたい方も多いと思うので

無理にハシゴは勧めません

あくまでそういうことも(川崎と京都は)可能ってだけです。

 

Bリーグプロ野球Jリーグと明確に違うのは

秋春制という点です。

 

野球やサッカーがシーズンオフの間もやっています!

 

ぜひJリーグがシーズンオフの冬の間に

お近くのアリーナに足を運んでみてください。

新しい発見があるかもしれませんよ。

 

ではまた!